☆お昼寝にゃんこ☆ 【TERA 】ワンぐる物語 第1回 さくらとの出会い


TOP > スポンサー広告 > title - 【TERA 】ワンぐる物語 第1回 さくらとの出会いTOP > ぐる > title - 【TERA 】ワンぐる物語 第1回 さくらとの出会い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ-[スポンサー広告] top↑


+ Comment List +

【TERA 】ワンぐる物語 第1回 さくらとの出会い
あるところに、一匹の仔犬がいました。

まだヨチヨチ歩きのその仔犬は、はは犬とはぐれ、まだ満足に自分でエサを狩ることもできず、たどり着いたとある町の薬屋の前で、ちからなくうずくまっていました。

通りすぎる人の中には、興味をもって声を掛けてくるものもいましたが、力なく見上げる姿をみて、ため息をついたり、見なかったことにしようと目をそむけるだけで、だれひとり仔犬に手をさしのべようとはしなかったのです。

あたりは暗くなりかけ、しとしとと雪が降り始めました。

やがて、仔犬は夢を見ました。

はは犬のふところに抱かれ、顔を舐められながら寝ている自分の姿でした。

ひょっとすると、この子の母親は、もうこの世にはおらず、その母親の元へ、仔犬も旅立とうとしていた為にみた夢だったのでしょうか…

でも、それは違いました

「パパ!息してるよ!まだ生きてるよ!助けてあげて!お願い!」

聞こえてきたのは、母親の優しい鳴き声ではなく、カン高い少女の声でした。

「なんだ、もう死にかけてるじゃないか。助けるだけムダだ。私達は急いでいるんだぞ?さあ、いつまでも仔犬を抱っこしていないで、家に帰るんだ。」

「やだ!パパのヒトデナシ!パパ、お医者なんでしょ?命を助けるのが仕事なんでしょ!?」

「うむ。だからこそ、助からんと言っているのだ。ああ、時間がない。さくら、いい加減にしないと…」

少女は、今にもダムが決壊しそうなほどの涙をうかべながら、これでもかと頬を膨らませ、仔犬をぎゅうと抱いて離そうとしませんでした。

「むう…わかったわかった、助かるかどうかわからんが、帰ったら診てあげるから、連れていきなさい。ああ、もうこんな時間に…。ほら、そうと決まったら、いつまでも膨れてないで、帰るんだ。」

「わあぃ。ありがとう、パパ。よかったね~、わんこ。パパは、お医者さんの学者さんの…んと、すっごくえらいひと
だから、きっとよくなるからね。」

そうして仔犬は、この少女の家に連れていかれました。

「さあ、お父さんが診てあげるから、おまえは市場で買ってきたパンをテーブルに並べてくれるかな」

「はあい。よしよし、いいこいいこ。すぐにくるからね。」

といって仔犬を指示されたテーブルの上にそっとおくと、父親の荷物の中から、市場で仕入れた食料の袋を取り出し、小さなテーブルの蝋燭に明かりを灯すと、きれいにクロスの上に並び始めました。

「・・・ふむ。どうしたものか。」

一方の父親は、少し困り果てていました。

父親は、確かに医者ですが、動物は診たことがありません。

「医者は医者だが、う~ん。あれを、試してみるか・・・・」

といって、なにやら部屋の片隅にあるケースの中から液体の入った小さなビンを取り出すと、注射器で少しだけその液体を抜き取りました。

「少し痛いが、何もしないよりはましだ。おまえさんが死んでしまっては、さくらが悲しむのでな。
 ちくっとするが、少しの我慢だ。あばれるなよ。」

そういって仔犬の背中をつまむと、そこに注射器の針をさし、ゆっくりと液体を仔犬の体にいれました。

(元気にはなるだろう。だが、その後が・・・)

「パパ~、お食事の用意できたよ~。あ、診てくれたんだね?ありがとう。どう?よくなった?」

「いやいや、いま注射したばっかりだ、そうすぐには良くならんよ。さあ、食事をすませよう。」

そういって父親は食卓のある部屋にいってしまいましたが、少女はしばらく仔犬のそばにいました。

「よくな~れ、よくな~れ。」

といって仔犬の頭をなでながら、鼻をひくひくさせて横になっている仔犬を見つめていました。

次の日の朝

(あれ・・・んと、ぼくは何をしていたんだっけ・・・)

(ああ、そうだ。この子につれてこられて・・・)

(ここで、背中にちくってされて・・・)

(その後は・・・おぼえてないや)

(おなかすいたな・・・)

(・・・・)

(・・・・)

(・・・・え!?)

びくっ!と跳ね起きたのは仔犬でした。




つづく

スポンサーサイト


カテゴリ-[ぐる] トラックバック:(0) コメント:(0) top↑


+ Comment List +

<<☆TERA☆ 犬化する日々 | ホーム | ☆その他☆ もぇもぇきゅん>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://gurusakura.blog.fc2.com/tb.php/101-39a97d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
Flashカレンダー
プロフィール
ぐる&さくら

書いてる人たち:ぐる&さくら
猫好きな二人のMMOブログ♪


FF14を始めた日:2011年11月24日
→グングニル鯖

MoEを始めた日:2012年3月3日
→エメラルド鯖

完美を始めた日:2012年4月28日
→ベテルギウス鯖

FF11を始めた日:2013年5月14日
→バハムート鯖

活動中です(๑╹◡╹๑)


ご訪問ありがとうございます♪


コメントは承認制ですが、歓迎してます(๑╹◡╹๑)
業者対策でコメント欄でのhttp~は禁止ワードになっております。ご注意ください。


ぐるのプロフィールはこちら
さくらのプロフィールはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。